デンタルフロスの効果とフロアフロスの特徴

 

 

★オーラルケア社のフロアフロス

 

 

歯みがきは、虫歯と歯周病予防の基本ですが

 

その効果をより高めてくれるのがデンタルフロスです。

 

歯ブラシのみでプラークを除去できるのは

 

約60%ほどです。

 

40%も残ってしまいます。

 

デンタルフロスと歯みがきの両方を行った場合は

 

約80%ほどプラークを除去することができます。

 

プラークや食べ物のカスが取れることで、

 

口臭予防にもつながります。

 

虫歯ができやすい場所は、歯と歯の間です。

 

そこをよくケアすることで、

 

虫歯予防につながります。

 

また、デンタルフロスを使用したときに、

 

引っかかりなどで

 

かぶせ物や、つめ物のチェックにもつながります。

 

肌と歯のクリニックでは、

 

オーラルケア社のフロアフロス(45m)をお勧めしております。

 

 

 

【商品の特徴】(以下オーラルケア社のホームページから抜粋)

 

①歯肉縁下に入れても痛くない

 

歯周病予防に不可欠な縁上・縁下のケア、

でも歯肉はやわらかくてデリケートです。

フロアフロスは、

唾液の水分や摩擦によって繊維がフワッと

広がるように加工。

歯肉縁下に入れても痛みを与えません。

 

②384本の糸が汚れを絡め取る

 

フロアフロスは、384本もの細かなポリエステル繊維を

束ねてつくっています。

水分を含むとフワッと広がり

汚れを絡め取るので、

使用後のスッキリ感が違います。

 

③フロアフロスは、繊維の町、イタリア・ミラノ産。

 

繊維のプロがつくる高品質製品なので

使用中に切れることはほとんどありません。

 

 

 

④デンタルフロス研究者のお墨付き

 

デンタルフロスの第一人者である

アンナマリア・ジェノベージ教授 (イタリア・ジェノバ大学)が

汚れの落ち具合を確認。

「歯肉ケアに最適なデンタルフロス」と推奨しています。

 

 

毎日のケアにフロアフロスを

 

ぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

 

 

ビヨンドホワイトニング 

ビヨンドのホワイトニングは

 

当院で一番人気のあるオフィスホワイトニングです。

 

特徴は、日本人の歯に合うように開発されているので

 

効果がとても高いです。

 

安全性も高いので、日本で一番導入されている

 

オフィスホワイトニングです。

 

白さ、刺激の少なさ、色の持ち、バランスがとれています。

 

ビヨンドホワイトニングの症例をご紹介します。

 

3年前に、ホームホワイトニングをされたことがある方です。

 

一度のご来院で、かなり白さがUPしました。

 

【ビヨンドホワイトニング症例】

 

 

歯の色が気になる方、白くされたい方にお勧めです。

 

当院では、数種類のホワイトニングをご用意しております。

 

ぜひ、お気軽にお問合せください。