11月、12月 インビザライン矯正 無料相談の日程

 

肌と歯のクリニックでは、

 

インビザライン矯正の無料相談を行っております。  

 

・歯並びについて悩んでいる  

 

・この部分だけが気になる

 

・矯正について話が聞いてみたい  

 

など、お悩みのある方や矯正に関する疑問などぜひご相談ください。    

 

 

無料相談日の日程

 

11月   9日(火)、20日(土)、30日(火)

 

12月 11日(土)、14日(火) 、28日(火) 

 

まずは、お電話かメールでお問い合わせください。

 

  ご予約いただける日時をご案内いたします。

 

 

矯正歯科医師   福冨 聡 (ふくとみ さとし)  

 

  肌と歯のクリニックでは、

 

多くの患者様が 最新のマウスピース矯正の  

 

インビザラインシステム   (米国製/アラインテクノロジー社)  

 

を使用して矯正治療を行っています。  

 

このマウスピース型の矯正装置は、  

 

最新の先端医療科学技術が集約されており、

 

正確な歯の移動が可能です。

 

  患者様にとっても「快適で清潔」な治療装置です。 

 

また、その他の矯正治療方法 (従来型のワイヤー矯正/裏側からのワイヤー矯正/インプラント矯正) を含めて

 

 患者様に一番最適な矯正治療方法をご提案いたします。

 

歯並びについてお気軽にご相談ください。  

 

ご連絡をお待ちしております。

歯の定期健診

 

 

肌と歯のクリニックでは、

 

3ヶ月~6ヶ月に一度

 

歯の定期検診をお勧めしております。

 

【定期健診の目的】

 

毎日の歯みがきにプラスして、定期的に定期検診を受けていただくと

 

虫歯や歯周病、お口のトラブルなどを減らすことができます。

 

またメリットもたくさんあります。

 

【定期健診のメリット】

 

①虫歯、歯周病など、お口のトラブルを

 

早期発見、早期治療できる

 

虫歯は、初期の小さな段階では、痛みを感じません。

 

歯周病は、重度の段階になるまで、自覚症状がありません。

 

そのため、定期健診のときに、初期の段階で早期発見して、

 

早期治療をすることができます。

 

悪化する前に治療ができるので

 

通院回数や治療費用を抑えることになります。

 

②虫歯、歯周病など、お口のトラブルの

 

リスクを減らすことができる

 

歯と歯の間、奥歯、歯周ポケットなど、

 

毎日の歯みがきでは手の届きにくいところに

 

歯垢や歯石が付着してしまいます。

 

これらは、細菌のかたまりですので

 

お口の中にあることによって、

 

お口のトラブルのリスクが高くなってしまいます。

 

定期健診で専門家によるクリーニングをすることによって

 

細菌が減り、虫歯、歯周病、お口のトラブルのリスクを

 

減らすことができます。

 

③将来、自分の歯を健康に、長く保つことができる

 

早期発見、早期治療歯を行うことで、

 

健康を維持することにつながります。

 

お口の健康意識、モチベーションアップにつながる

 

定期健診で、歯のクリーニングを行い、

 

歯がきれいになると、

 

「このきれいな状態をキープしたい!」

 

「歯を大切にしよう!」

 

という気持ちになります。

 

毎日のお手入れや、健康に対しての意識が高くなります。

 

 

 

いつまでもご自身の歯で食事を楽み、

 

健康も維持していきましょう。

 

歯石が付かないようするには

 

 

歯石は、みがき残した歯垢が硬くなった(石灰化)したものです。

 

歯についた歯垢は、48時間(2日間)で歯石になります。

 

歯石になると、歯みがきでは除去することができなくなってしまいます。

 

歯石の表面は、ざらざらしているので

 

さらに歯垢がつきやすく、虫歯や歯周病、口臭のリスクが高くなります。

 

歯石になる前に歯ブラシやデンタルフロスで

 

しっかり落とす習慣をつけましょう。

 

【歯石が付かないようにするポイント】

 

①48時間以内に歯の表面についた歯垢をしっかり落とす

 

歯石は主に歯ぐきの境目につくので、それを意識してみがいていきます。

 

歯と歯の間は、食べかすや歯垢が残りやすいので

 

1日1回はデンタルフロスなどを使用するようにしましょう。

 

歯と歯の隙間が広いかたは、歯間ブラシの使用も効果的です。

 

②歯がツルツルになる歯磨き剤をつかう

 

歯石の表面は、ざらざらしています。

 

そのため歯垢がつきやすく、さらに蓄積してしまいます。

 

歯の表面にも同じことがいえます。

 

歯の表面がツルツルで滑らかになる歯磨き剤は

 

オーラルケア社の「アパガードリナメル」がおすすめです。

 

以前ブログでご紹介しておりますので、ご参考にしてください。

 

 

 

 

歯石は自分で取ることができません。

 

しかし最近は自分で歯石を取ることができる器具が

 

販売されているようですが、歯に傷がついてしまう可能性があります。

 

すると、その傷にまた歯垢がつきやすくなってしまいます。

 

また、ご自身でしっかりお手入れしても

 

どうしても届かないところはありますので

 

定期的に専門家のクリーニングを受けましょう。

 

肌と歯のクリニックでは、定期健診やPMTCも行っております。

 

まずは、お電話かメールでお問い合わせください。

 

ご予約いただける日時をご案内いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デンタルフロスと歯間ブラシどちらを選ぶ?

 

「デンタルフロスと歯間ブラシどちらを使ったらいいですか?」

 

「デンタルフロスと、歯間ブラシ両方使っていただけるとベストです。」

 

デンタルフロスと歯間ブラシ、

 

どちらも歯と歯の間を清掃する道具です。

 

歯ブラシだけだは落としきれない歯垢の除去に最適です。

 

しかし、効率的にどちらかを選ぶとしたら・・・

 

 

デンタルフロスと歯間ブラシの違い

 

デンタルフロスは、歯と歯が接しているところや

 

歯と歯ぐきの隙間が狭い場合、

 

歯が重なっていたり歯列不正のところに適しています。

 

歯間ブラシは、歯ぐきが下がってきてしまったり、

 

歯と歯の間に隙間が広いところに適しています。

 

 

 

 

効果的に歯と歯の間を清掃するためには、

 

歯間部の隙間の広さや歯ぐきの状態

 

歯の場所によって、形やサイズを選んだり

 

使い分けたりすることが最も効果的です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インビザライン矯正 10月、11月 無料相談日

 

肌と歯のクリニックでは、インビザライン矯正の無料相談を行っております。  

 

・歯並びについて悩んでいる  

 

・この部分だけが気になる  

 

・矯正について話が聞いてみたい  

 

など、お悩みのある方や矯正に関する疑問などぜひご相談ください。    

 

 

無料相談日の日程

 

10月 9日(土)、19日(火) 、30日(土) 

 

11月   9日(火)、20日(土)、30日(火)

 

まずは、お電話かメールでお問い合わせください。

 

ご予約いただける日時をご案内いたします。 

 

 

     

矯正歯科医師   福冨 聡 (ふくとみ さとし)  

 

  肌と歯のクリニックでは、多くの患者様が 最新のマウスピース矯正の

 

インビザラインシステム   (米国製/アラインテクノロジー社)   を使用して矯正治療を行っています。

 

このマウスピース型の矯正装置は、  

 

最新の先端医療科学技術が集約されており、正確な歯の移動が可能です。  

 

患者様にとっても「快適で清潔」な治療装置です。  

 

また、その他の矯正治療方法 (従来型のワイヤー矯正/裏側からのワイヤー矯正/インプラント矯正)  

 

を含めて  患者様に一番最適な矯正治療方法をご提案いたします。  

 

歯並びについてお気軽にご相談ください。 

 

ご連絡をお待ちしております。

CPC配合のマウスウォッシュ【システマ SP‐T メディカルガーグル】

 

 

肌と歯のクリニックでは、ホームケア用品として

 

「システマ SP-T メディカルガーグル」 という

 

殺菌効果の高いマウスウォッシュをご用意しております。

 

こちらは、歯みがき後に使用するタイプです。

 

成分は、CPC (セチルピリジニウム塩化物水和物) が配合されています。

 

CPCとは、強い殺菌、防カビ作用を持ったカチオン性海面活性剤です。

 

歯磨剤、マウスウォッシュ、のど飴、トローチなど

 

幅広い製品に使われています。

 

舌、歯肉、口腔粘膜に付着する

 

浮遊菌への殺菌力に、とても優れています。

 

また、抗炎症成分のグリチルリチン酸ニカリウム(GK2)も配合されています。

 

清涼感があり、口臭除去にも効果があります。

 

透明な液体なので、洗面台も汚れにくいです。

 

歯の着色も付きにくく、ホワイトニングをしている方にも

 

安心して使っていただけます。

 

肌と歯のクリニックでは、

 

100mlの商品のみ取り扱っております。

 

ぜひお試しください。

 

 

 

 

 

ホワイトニングした後に気をつけること

 

 

ホワイトニングで、白くて美しくなった歯を

 

効果的にキープする方法をお伝えいたします。

 

ホワイトニングした後の24時間は、

 

色の濃い飲食物、喫煙は、控えていただくことが大事です。

 

なぜか?といいますと・・・

 

歯の表面は、ペリクルという被膜で覆ってあります。

 

ホワイトニングをした後は、ホワイトニングの薬剤によって

 

ペリクルが除去されて、歯は刺激を受けやすく、

 

着色しやすい状態になっています。

 

ペリクルは、12時間から24時間かけて再生されます。

 

そのため再生するまでは、色の濃い飲食物は控えていただきたいのです。

 

 

【ホワイトニング後、避けたい飲食物】

・コーヒー、紅茶、日本茶、ジュース

・炭酸飲料(酸性のものは避ける)

・焼肉、焼鳥

・カレー

・トマト等の色の濃い野菜

・味噌、しょうゆ、ソース、わさび、からし

・赤ワイン

・口紅

・うがい薬、マウスウオッシュ、色つきの歯磨き粉

 

★お洋服にこぼしたときに落ちにくい物!

 をイメージしていただくとわかりやすいです。

 

 

【ホワイトニング後、おすすめの飲食物】

・水、牛乳、白ワイン

・ヨーグルト、チーズ

・ホワイトソース

・パン、お米

・白身魚

・大根、里芋

 

 

ホワイトニングをすると歯が白くなりますが

半年くらい経つと、徐々に色が戻り始めます。

白くて美しい歯をキープするには

継続してホワイトニングをされることをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

オフィスホワイトニング 【ビヨンドホワイトニング】

歯の変色について

 

肌と歯のクリニックで

 

1番人気のホワイトニングがビヨンドホワイトニングです。

 

ビヨンドホワイトニングは、

 

日本人の歯に合うように開発されているので、効果がとても高いです。

 

また、安全性も高いので、

 

国内で1番導入されているホワイトニングです。

 

白さと刺激の少なさと色の持ち、バランスがとれています。

 

 

一回来院

 

 

ビヨンドホワイトニングは、

 

1回のご来院でも、白さを実感していただけますが

 

回数を重ねることで、さらに白さが増し

 

長持ちする傾向があります。

 

白さを維持するには、定期的にリピートすることが必要になります。

 

「色がついてきたかな…」と感じたらリピートのタイミングです。

 

ホームホワイトニングを併用していただくと、

 

より白さを維持しやすいです。

 

歯の色が気になる方、歯を白くしたい方、

 

ホワイトニングにご興味のある方は、お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

9月、10月 インビザライン矯正 無料相談の日程

 

 

肌と歯のクリニックでは、インビザライン矯正の無料相談を行っております。  

 

・歯並びについて悩んでいる  

 

・この部分だけが気になる  

 

・矯正について話が聞いてみたい  

 

など、お悩みのある方や矯正に関する疑問など、  ぜひご相談ください。    

 

 

無料相談日の日程

 

9月   7日(火)、18日(土)、28日(火) 

 

10月 9日(土)、19日(火) 、30日(土) 

 

まずは、お電話かメールでお問い合わせください。

 

  ご予約いただける日時をご案内いたします。   

 

 

 

   

矯正歯科医師   福冨 聡 (ふくとみ さとし)  

 

 肌と歯のクリニックでは、   多くの患者様が

 

 最新のマウスピース矯正の インビザラインシステム  

 

(米国製/アラインテクノロジー社)   を使用して矯正治療を行っています。  

 

このマウスピース型の矯正装置は、

 

  最新の先端医療科学技術が集約されており、正確な歯の移動が可能です。

 

  患者様にとっても「快適で清潔」な治療装置です。  

 

また、その他の矯正治療方法 (従来型のワイヤー矯正/裏側からのワイヤー矯正/インプラント矯正)

 

を含めて  患者様に一番最適な矯正治療方法をご提案いたします。  

 

歯並びについてお気軽にご相談ください。  

 

ご連絡をお待ちしております。

歯ブラシの交換時期いつ?

毎月8日は「歯ブラシ交換デー」

 

 

今お使いの歯ブラシは、どのくらいの期間使用していますか?

 

まだ使えそう…

 

といって、2~3ヶ月、同じものを使用していませんか?

 

歯ブラシは、交換のタイミングに目安があります。

 

歯ブラシの交換目安は1ヶ月です。(1日3回使用)

 

 

 

歯ブラシを横から見て、毛先がヘッドの土台からはみ出でいたら

 

交換のタイミングです。

 

もし、1か月以内に毛先が広がっていたら、

 

ブラッシング圧が強い可能性が高いです。

 

また、毛先が極細になっているタイプのものは、

 

使い方や使用目的が合っていないと効果がありません。

 

毛先が広がった歯ブラシを使用をすると

 

汚れが落としきれず、虫歯や歯周病のリスクが

 

高くなってしまいます。

 

 

 

歯ブラシには、食べかすや歯磨き粉、雑菌が残っています。

 

洗って乾燥させて、適切に管理していても

 

使用期間が長くなるほど細菌が蓄積されていきます。

 

衛生的に使用していただくためにも

 

1ヶ月で交換するようにしましょう。

 

肌と歯のクリニックでは、

 

数種類の歯ブラシをご用意しております。

 

歯ブラシ選びにお困りの方や、

 

気になることがございましたら

 

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 / 12 ページ2312