マイクロスコープ

マイクロスコープとは? 画像

マイクロスコープとは?

マイクロスコープとは、顕微鏡のことで、視野を拡大して治療を行うために使用します。
当クリニックでは、ドイツLeica社のマイクロスコープを導入しています。
これは、最大25倍の倍率で治療箇所を見ることが可能で、肉眼では見えない歯の根の中や、細菌に感染した歯質と健康な歯質の境界、天然の歯質と人工歯の境目などを高倍率で確認することができます。

このマイクロスコープは、審美歯科治療や根管治療で絶大な効果を発揮します。
日本では歯科医院の約2%にしか導入されていませんが、米国では根管治療専門医に導入が義務付けられているほど、有効性を期待できる医療機器です。

マイクロスコープを使用すると、拡大した分、視界が狭くなるため、ケースバイケースで、ルーペや肉眼を使い分けます。


  • 肉眼(x1倍) 画像

  • マイクロルーペ(x3倍) 画像1

  • マイクロルーペ(x3倍) 画像2

マイクロスコープの特徴マイクロスコープの特徴

精密な審美歯科治療精密な審美歯科治療

虫歯治療の際、歯質と人工の歯との境目に隙間ができないよう、精密に虫歯を削り、歯の形を整える必要がありますが、このときにマイクロスコープが能力を発揮します。
歯質と人工の歯との境目に隙間があると、そこから細菌が侵入し、虫歯が再発する可能性が高まります。
マイクロスコープを使用し、拡大視野下で虫歯を削り、歯の形を整えることによって、滑らかで美しく、隙間のない人工の歯を作製することができます。


肉眼で治療した人工歯→境目がキレイな人工歯 画像


最小限の侵襲最小限の侵襲

マイクロスコープは最小限の侵襲によるMI(Minimum Intervention)治療を実現します。
虫歯を治療するときは、できる限り健康な歯質を削らずに、細菌に感染した歯質だけを削る必要があります。
マイクロスコープで視野を拡大しながら治療を行うことで、不要に健康な歯質を削ってしまうことなく、虫歯になっている組織だけを精密に除去することができます。


精密な根管治療精密な根管治療

虫歯が神経にまで達してしまっていると、神経を除去し、神経が入っていた管の中をキレイにし、薬を詰める治療を行います。これを根管治療と言います。
根管治療は、根管内に細菌に感染した組織が残っていたり、薬が根管の先端まで完全に詰まっていなかったりすると、根管内で細菌が繁殖し、歯の根の先端に病巣ができてしまいます。
このような根管治療の失敗によって、多くの場合、抜歯せざるを得ない状態に至ります。
肉眼での根管治療は、多くの場合、根管内を見ることができず、手探りで治療を行っています。マイクロスコープを使用し、視覚的に確認しながら治療することで、より正確に精密な治療を行えるようになります。

一覧に戻る

肌と歯のクリニック東京ベイ幕張肌と歯のクリニック東京ベイ幕張

平日 10:30〜13:00 15:00〜19:30
土曜 10:30〜13:00 15:00〜17:00
〒261-0021 千葉県千葉市美浜区ひび野2-3
アパホテル&リゾート<東京ベイ幕張>セントラルタワー2F

お問い合わせ・ご質問・ご相談はこちら

お問い合わせ・ご質問・ご相談はこちら 043-386-9138

WEB診療予約

無料メール相談

TEL