• 入れ歯 自然な見た目と噛める、外れない 快適さの両立入れ歯 自然な見た目と噛める、外れない 快適さの両立

肌と歯のクリニック東京ベイ幕張式入れ歯治療肌と歯のクリニック東京ベイ幕張式入れ歯治療

歯を失ってしまったときには、入れ歯、ブリッジ、インプラントという3つの治療法があります。

その中でも、もっとも一般的な治療法が入れ歯治療です。それぞれの治療法には、メリットとデメリットがあります。

症状に応じたそれぞれの治療法のメリット・デメリットを十分にご説明し、最適な治療法を選択できるようサポートいたします。

  • 他の治療法との比較

    歯を失ってしまったときには、入れ歯だけでなく、ブリッジやインプラントという治療法もあります。

    入れ歯 ブリッジ インプラント
    入れ歯 入れ歯 イメージ画像 ブリッジ ブリッジ イメージ画像 インプラント インプラント イメージ画像
    メリット 入れ歯 ・治療が簡単で比較的短期間で治療が終わる。
    ・ご自身でお手入れができる。
    ブリッジ ・固定式のため、違和感が少ない。
    ・セラミックのブリッジにすれば、天然歯のように自然でキレイに仕上がる。
    ・治療期間が短い。
    インプラント ・自分の歯と同じ感覚で噛むことができる。
    ・天然歯のように自然でキレイに仕上がる。
    ・隣接歯を傷付けることなく、残った歯への負担も少ない。
    ・顎の骨が退縮するのを抑えることができる。
    デメリット 入れ歯 ・見た目が入れ歯だとわかりやすい。
    ・違和感が大きい。
    ・硬い食べ物を噛めないことがある。
    ・外れてしまうことがある。
    ・欠損部の顎の骨が退縮するリスクがある。
    ブリッジ ・両隣の健康な歯を削る必要がある。
    ・ブリッジを支える歯に負担がかかり、連鎖的に欠損が広がるリスクがある。
    ・欠損部の顎の骨が退縮するリスクがある。
    インプラント ・簡単な外科手術を行う必要がある。
    ・治癒期間が長くなるケースがある。

    当クリニックでは、それぞれの治療法のメリットとデメリットを踏まえて、最適な治療計画を立案していきます。

入れ歯の種類入れ歯の種類

入れ歯には、総入れ歯にも部分入れ歯にもさまざまな種類があります。
目立ちにくいもの、噛み心地の良いものなど、種類によって特徴もさまざまです。
入れ歯の種類についても、それぞれのメリット・デメリットを十分にご説明し、最適な治療法をご提案いたします。




ノンクラスプデンチャーノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー イメージ画像入れ歯を固定するための金属のバネ(クラスプ)がなく、見た目が自然で美しい入れ歯です。
弾力性のある歯肉と同じ色をした樹脂でできています。入れ歯であることを気付かれることなく使用することができます。

メリット

  • 見た目が美しい
  • 装着時の違和感が少ない
  • 金属アレルギーの心配がない

デメリット

  • 多数歯欠損には適用できない
インプラントオーバーデンチャーインプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャー(以下、IOD)とは、入れ歯をインプラントで固定する治療法です。
入れ歯をインプラントで固定することで、強く噛むことができるようになります。
入れ歯の固定方式には、ロケータータイプ、ボールタイプ、バータイプ、マグネットタイプなど、さまざまな種類があります。


ロケータータイプ
ロケータータイプ

ボールタイプ

ボールタイプ
ボールタイプ

バータイプ

バータイプ
バータイプ

マグネットタイプ

マグネットタイプ
マグネットタイプ
  • STEP01

    身体的、経済的な負担を軽減 身体的、経済的な負担を軽減

    IODは、2本のインプラントで入れを支えることも可能です。そのため、快適さ、美しさは劣りますが、オールオンフォーやザイゴマよりも身体的、経済的な負担を軽減することができます。

  • STEP02

    入れ歯よりも快適入れ歯よりも快適

    入れ歯の歯肉に接する部分(床)を小さくすることができるため、入れ歯装着時の違和感、異物感が少なくすることができます。また、入れ歯をインプラントが支えるため、強く噛むことができ、快適に食事を楽しむことができます。

  • STEP03

    入れ歯よりも見た目が自然入れ歯よりも見た目が自然

    IODは、部分入れ歯にも対応可能です。部分入れ歯は、金属のバネ(クラスプ)が目立ちますが、IODであれば、クラスプが不要で自然な見た目にすることができます。

インプラントオーバーデンチャー イメージ写真
金属床義歯金属床義歯

金属床義歯 イメージ画像歯ぐきに接する床(しょう)部分が金属でできた入れ歯です。
床部分を金属にすることで、入れ歯を薄くすることができ、装着時の違和感が少なくなります。
また、金属床は温度が伝わるので、プラスチック製入れ歯に比べ、食事をより一層美味しく感じます。

メリット

  • 床が薄くなるため違和感が少ない
  • 食べ物・飲み物の温度が伝わる
  • 耐久性が高い

デメリット

  • 金属アレルギーには適用できない
レジン(プラスチック)床義歯レジン(プラスチック)床義歯

レジン(プラスチック)床義歯 イメージ画像プラスチックでできた入れ歯です。
プラスチック製で一定の厚みが必要なため、金属床と比べると、装着時に違和感が大きくなります。

メリット

  • 歯肉の変化に合わせて調整がしやすい

デメリット

  • 装着時の違和感が大きい
  • 時間の経過とともに変形しやすい
  • ホワイトニング
  • ホワイトニング
  • インプラント
  • インプラント
  • セラミック
  • セラミック
  • 矯正歯科
  • 矯正歯科
  • 無痛歯科治療
  • 無痛歯科治療
  • ブラキシズム
  • ブラキシズム

肌と歯のクリニック東京ベイ幕張肌と歯のクリニック東京ベイ幕張

平日 10:30〜13:00 15:00〜19:30
土曜 10:30〜13:00 15:00〜17:00
〒261-0021 千葉県千葉市美浜区ひび野2-3
アパホテル&リゾート<東京ベイ幕張>セントラルタワー2F

お問い合わせ・ご質問・ご相談はこちら

お問い合わせ・ご質問・ご相談はこちら 043-386-9138

WEB診療予約

無料メール相談

TEL