インプラントQ.A

インプラントQ.A

Q.インプラントを長持ちさせるためには、どうすれば良いのですか?

 

A.インプラントを長持ちさせるためには、インプラントがどのような理由でダメになってしまうかを知る必要があります。インプラント自体はチタンでできているネジなので、腐食をおこしたり折れたりすることは滅多にありません。また、当然ですがセラミックの歯が虫歯になることもありません。しかし、インプラントも歯周病と同じような状態になることがあり、これをインプラント周囲炎と呼びます。インプラント周囲炎とは、インプラント周囲の歯ぐきが炎症を起こし、最終的にインプラントを支えている周りの骨を溶かしてしまう病気です。歯周病やインプラント周囲炎の原因は主に、歯やインプラントの周りに付着するプラーク(細菌のかたまり)で、歯ブラシ(セルフケア)を怠ったり、定期的なメンテナンス(プロケア)を受けなかったりすることで、発症しやすくなります。特に、歯周病が原因で歯を失ってインプラントにした方は、今までの歯ブラシの方法や頻度、あるいは定期メンテナンスの期間を見直す必要があります。インプラントを長持ちさせる最大の秘訣は、インプラントも自分の歯と同じようにしっかりと磨くことと、定期的なメンテナンスを受け、仮にトラブルが起きても早期発見・早期治療を行うことが重要です。

インプラントのご相談お待ちしております。

平日 10:30〜13:00 15:00〜19:30
土曜 10:30〜13:00 15:00〜17:00
〒261-0021 千葉県千葉市美浜区ひび野2-3
アパホテル&リゾート<東京ベイ幕張>セントラルタワー2F

お問い合わせ・ご質問・ご相談はこちら

WEB診療予約

無料メール相談

TEL