ブログブログ

ダイレクトボンディング症例10

こんにちは。今日はダイレクトボンディングの症例紹介です。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-11
奥歯の虫歯を気にされていらっしゃいました。
アマルガムという金属で修復されていました。
アマルガムは昔、歯科では一般的に使われていた金属ですが現在ではアマルガムから溶出する水銀の健康被害問題から使用されなくなりました。

 

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-123
金属と虫歯を除去をしても黒い着色が消えないのがアマルガムの特徴です。
黒い部分は健康的な歯の部分なので黒いからといって闇雲に削っていくと歯の神経が露出する恐れもあります

 

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-14

通常のレジンでは透過性が高いため、黒い部分が浮き上がって見えてきます。
なのでオペーク色といってこの黒い部分を隠すレジンを併用して樹脂を盛り上げます。

 

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1
このようにダイレクトボンディングでは保険の詰め物とは違い、色を合わせて詰めることができます。

 

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-11%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1

 

ダイレクトボンディングについて詳しく知りたい

平日 10:30〜13:00 15:00〜19:30
土曜 10:30〜13:00 15:00〜17:00
〒261-0021 千葉県千葉市美浜区ひび野2-3
アパホテル&リゾート<東京ベイ幕張>セントラルタワー2F

お問い合わせ・ご質問・ご相談はこちら

WEB診療予約

無料メール相談

TEL